固定金利とは

融資には種類によって金利が変動するタイプのローンがありますが、
消費者金融のキャッシングやカードローン、ショッピングローンは
金利が変動しないローンとなります。

これらのローンは金利のタイプを選ぶことかできませんが、
融資額が高額となる住宅ローンでは融資を受ける時点で
変動金利型と固定金利型を選択することが可能です。

固定金利型

固定金利型とは、文字通り金利が変動しない融資形態のことを言いますが、
全期間固定型と一定期間固定型があります。
一定期間固定型では10年までの範囲で固定期間を選択することが可能ですが、
10年を超えると再度固定金利型とするか変動金利型とするか選択ができるようになっています。

一定期間固定型

一定期間固定型のメリットは、ベースアップなどの収入の増加を
見越して収入の低い時期に安定した返済ができる点にあります。
また固定期間が終了することがあらかじめ分かっているため、
事前に対応を検討することが可能です。
しかし固定期間終了時に金利が高騰していると返済額が一気に
増えてしまうというデメリットもあります。

全期間固定型

全期間固定型は完済まで金利が変動しませんので、
毎月の返済額が変わらないことで安定した返済と家計の管理が可能となります。

固定金利型のメリット

固定金利型のメリットは安定した家計の管理ができる点にありますが、
ベースとなる金利は変動金利よりも高く設定されていますので、
完済までの総返済額は高くなる場合があります。

固定金利型での融資の場合は金利が低い時期に借りるのが基本

固定金利型で融資を行う場合には、金利の低い時期に借りるのが基本となります。
景気が上がり金利が高い時に借りると完済まで同じ金利で返済することになりますので、
金利が下がった場合には見直しを検討する必要が出てきます。

ですから固定金利型を選択する場合には、できるだけ金利の低い時期を
選ぶことが大切なのです。固定金利型では変動金利型へ金利タイプを
変更することが可能です。金利の高い時期に借りた場合には、
金利が低くなった時点で金利タイプの変更をすれば利息の負担を軽減できますが、
変動金利型から固定金利型へは同じ金融機関内ではできない点に注意が必要です。